中学数学の基礎固め|勉強法

中学数学の基礎固め|勉強法

中学数学は、正しい勉強法を行えば、必ずマスターできます。

数学に苦手意識を持っている人の多くは、「理解できないまま」数学の勉強をしています。

中学レベルの数学であれば、基礎からしっかりと勉強すればテストで高得点を取ることができます。

中学の数学は、遅れてしまうと巻き返すのに相当の時間と労力が必要です。
簡単に「巻き返す」と言っても、数学の授業自体がグングン進むわけですからね。
1年生の時にサボっていたら、2年生で巻き返すのは、相当しんどいでしょう。
独力では、はっきり言って「無理!」でしょうね。

授業が理解できないまま次へ進みます。そりゃ、面白くないでしょう。どんどん数学に苦手意識を持ってしまうのも当然です。

数学が苦手という人の多くは、中学から数学の点数が悪くなったといいます。そういった中学の数学が苦手な人でも、正しい勉強をすれば必ず得意になれます。

多くの場合、中学で必要な基礎力が不足していることが数学が苦手となる原因です。

数学が苦手な人でも、確実にマスターできる数学の勉強法を紹介します。

中学数学に必要な「正しい勉強法」

中学で数学ができる人は、数学の正しい勉強法を知っている場合が多いです。

数学の正しい勉強法としては、以下の3つのステップが重要になります。

正しい勉強法
  • 中学数学の公式を暗記する
  • 問題をたくさん解いて経験値を増やす
  • 理解できない問題をピンポイントで復習する

中学数学の公式を暗記する

数学というと論理的思考力が必要で、頭の良い人しか解けないと思われがちです。

確かに論理的思考力は必要です。しかし、特別素晴らしい論理力でなくてもいいです。日常生活で「少し込み入ったことを、友達に連絡できる程度」の能力を持ってれば、十分です。

ただ、その程度の能力を持ってはいるけれども「使いこなせない」というのではマズイですね。

はっきり言って、中学レベルの数学であれば、暗記だけでも定期試験ならそれなりの点数を取ることができます。

ただ、暗記だけで数学を勉強すると、応用問題に弱くなってしまうんです。つまり「使いこなせない」わけです。

中学の数学に必要な暗記は、「公式および典型問題」を覚えることになります。

中学数学で出題されるほとんどの問題は、公式と典型問題を覚えていればほぼ解けます。

できれば、公式を自分で導き出す練習もして下さい。
とりあえずまずやることは、公式の暗記です。

ただし公式を覚えても、実際に問題が解けるとは限りません
そのために次に行う数学の勉強として、問題を多く解くことになります。

問題をたくさん解く

公式を暗記しただけで、問題が解けるようになるわけではありません。

覚えた公式をどの場面で使えば良いのかが判断できて、初めて問題がとけるようになるのです。

そのために必要な勉強として、問題をたくさん解くことになります。

中学で数学が得意な人は、「教科書の問題」と「副問題集・ワーク」は必ず全て解いています。

逆に中学で数学の点数が悪い人は、問題を数問解いて満足してしまいます。

数学はセンスと言う人もいますが、中学レベルならば反復練習でセンスを超えることができます。もっと言うなら、「中学の数学なら、センスなんて関係ない」「中学数学の出来・不出来を決めるのはセンスではない」と言えます。

問題をたくさん解いていると、公式の使い方や問題を解く考え方が身についてきます。問題を数問解いただけでは、そういった知識を増やすことはできません。

「数をこなさないとダメ!」なんです。

他の教科に比べて時間がかかるので、実力が付くまで待てないのかも知れません。
「今日1時間勉強したら、明日その1時間分の成果がでる」のを期待してるのでしょうね。
小学校の勉強なら、そういうこともあったでしょう。しかし、中学では、まぁ、「ない!」ですね。

中学数学の成績を上げるには、どんどん問題を解いて数学の経験値を増やすことが重要です。

理解できない部分を明確にしながら、何回も問題を解きなおす

数学が苦手な人の多くは、間違えた問題の復習が足りない場合があります。

間違えたその場で復習するだけでは、数学の実力を定着させるのは難しいです。
「その場で復習するのは無駄」なんて言ってませんよ。「それだけではダメだ!」と言っています。

中学の数学をマスターするには、復習の勉強法がポイントになります。数学の復習は問題を解くのに時間がかかるため、しっかりと行わない人も多いです。

復習しない人もいますが、それはどうしようもないですね。
「復習しましょうね」からスタートです。ここでは、「復習の仕方」について説明しています。

きちんと解く手順を覚えていなければ、答えだけを暗記する勉強になってしまいます。

復習の仕方


しっかりと問題を解く手順ができるまで、何度も復習することが中学数学を攻略する鍵になります。

自分が手順のどこで詰まってしまうのか明確にしながら復習して下さい。

理解できない問題を放置して次へ進んでしまうと、どんどん遅れてしまいます。

数学は一見別物に見えても、色々なところで関係している問題が多いからです。文章問題でも方程式が必要だったりと、何かしらの関係を含んでいます。

理解できない問題を減らすことが、中学数学が得意になる糸口になります。

中学1年の数学勉強法

中学1年の数学は、中学数学の基礎となる非常に重要な時期になります。

数学が苦手になる人の多くは、中学1年の数学で挫折してしまいます。

ですが中学1年の数学は、授業の難易度は低いのでリカバリーは短期間でも可能です。正しい指導をしてもらわないと、独力では追いつくのは難しいかも知れません。

中学1年の数学であれば、基本的には教科書を徹底的に復習することから始まります。

ですが、中学の数学が苦手な場合、教科書を読んでも内容が理解できないいかもしれません。

そういった場合は、面倒ですが、参考書を利用して一つ一つ着実にクリアすることが必要です。1番いいのは、誰かに教えてもらうことでしょう。

 

無理してどんどん進むのではなく、しっかりと理解して次へ進むことが中学数学攻略のポイントです。

数学の基礎となる考え方を、中学1年の数学で身につけることができます。

中学の数学は、今後どんどん難しくなるので中学1年レベルは確実にマスターしましょう。

中1速習シリーズ・数学

速習2 数学

        Part1(30分03秒)

        1.正の数、負の数の文章問題

        2.正負の加減(まとめ)

        3.正負の乗除(まとめ)

        4.累乗と計算

        5.正負の計算(四則混合、分配法則)

        6.文字式1・一次式の乗法除法

        7.文字式2・文字の表し方

        Part2(23分45秒)

        1.方程式の解き方

        2.方程式の利用(いろいろな文章題)

        Part3(23分46秒)

        1.比例(表、式、グラフ)

        2.比例反比例(まとめ)

        Part4(36分40秒)

        1.平面図形(おうぎ形)

        2.空間図形(平行と垂直)

        3.空間図形(柱・すいの体積)

        4.空間図形(角柱円柱の表面積)

        5.空間図形(角すい円すいの表面積)

中学2年の数学勉強法

もし中学1年の数学を理解していないのであれば、中学1年の内容を完璧にすることから始めましょう。

教科書の問題を解いて、「行き詰まったところ」をしっかりと理解するようにして下さい。
今、簡単にこのように書いていますが、実際にやるとなれば、大変です。相当の忍耐力が求められます。

強制力が働かないと、2週間目には、「やっても効果が上がらない。時間ばっかりかかる」と言いだし、そこで「放棄」になります。結構やる気のある人でもそうなります。
まぁ、やる気がなければ、「一年の教科書を出してきて、しっかり理解しながら読む」なんてことはしませんけどね。

一歩踏み出しただけでも、たいしたものなんです。だから、途中で諦めないで欲しいです。必ず成果は出ます。

中学の数学は、中学2年生の頃から徐々に難易度が上がってきます。
中学1年の数学を理解していないと、解けない問題も多くなるからです。

中学1年の数学を完璧にしながら、同時に中学2年の数学の勉強もおこないます。大変なんです。でも今までサボったツケです。やらなければ、ますますひどいことになります。

中学2年の数学の勉強法は、中学1年同様に教科書が基本となります。

ただし内容が中学1年より難しくなり、教科書の内容を理解できなくなるのが中学2年の数学の特徴です。

学校の授業でも、先生の言っていることを理解できない生徒は非常に多いです。

中学2年の数学の勉強法として、中学1年以上に丁寧に基礎を理解することが重要です。

授業のスピードも上がるので、遅れてしまうと焦って復習を怠ってしまいます。

ですが復習なしで数学の成績は上がらないので、我慢して理解できるまで復習をして下さい。

そうは言っても、

実際勉強する身になれば、そんなに毎日何ヶ月もやり続けるのは、かなりキツいです。「頑張れ!」といわれても・・・。

そこで、短時間で最大の効果を上げる数学DVDを紹介します。
このDVDの技は、塾の現場で相当の場数を踏んだ人だけが出来る技です。
超オススメです。

中2速習シリーズ・数学 

 速習シリーズ⑤ 中2数学

  (合計時間 6時間57分)

        1.式の計算(11’46)

        2.等式の変形(12’05)

        3.比の値(2’18)

        4.文字の表し方(7’48)

        5.文字の証明①(12’33)

        6.文字の証明②(17’25)

        7.文字の証明③(18’22)

        8.連立方程式の解き方・加減(9’22)

        9.連立方程式の解き方・代入(8’35)

    10.連立方程式の利用①(10’10)

    11.連立方程式の利用②(4’05)

    12.連立方程式の利用③(9’29)

    13.連立方程式の利用①(10’52)

    14.連立・食塩水の問題(12’26)

    15.1次関数・基礎(12’57)

    16.1次関数・基礎(16’55)

    17.1次関数・利用(21’23)

    18.1次関数・利用(12’27)

    19. 平行線と多角形(17’22)

    20. 三角形と内角と外角(14’21)

    21.三角形の合同(8’57)

    22.証明の進め方①(11’45)

    23.証明の進め方②(11’21)

    24.証明の進め方③(7’52)

    25.二等辺三角形(11’20)

    26.正三角形(12’20)

    27.平行四辺形①(10’00)

    28.平行四辺形②(15’55)

    29.平行線と面積(10’24)

    30.中心角と円周角(9’28)

    31.場合の数(20’36)

    32.確率①(16’03)

    33.確率②(14’15)

中学3年の数学勉強法

中学3年になると、高校受験も意識した数学の勉強法が必要になります。中学3年の数学は、今までの内容を理解しているかがポイントになります。

もし中学1年や2年の数学で理解していない箇所があれば、その復習から始めましょう。

高校受験を控えているのであれば、少なくとも夏休みの間には今まで習ったことを復習しておきましょう。

中学3年の数学は、基本的には中学1年と2年の応用になります。

しっかりと基礎が身についていれば、確実に解ける問題がほとんどだからです。

中学3年の場合、教科書と一緒に受験用の勉強をしておくことが重要です。

ただし基礎をおろそかにすると、受験問題を解くこともできません。

基礎ができていれば、高校入試の数学も7割以上は取れる実力がついています。

ですがそれ以上の点数を目指す場合は、高校受験数学用の問題集を解くことが必要です。

中学数学の勉強法まとめ

中学数学の勉強は、地道に一つ一つ課題を乗り越えることが必要になります。

そのため成績が上がるまでは、時間がどうしてもかかってしまいます

ですが理解できなかった箇所が理解できるようになると、徐々に応用力も身についてくるのです。

ある程度の基礎がある社会人であれば、中学3年間の数学を8時間でやり直す本で復習できるでしょう。

ですが本当の数学の実力を手に入れるためには、問題を解いて経験値を増やすことが必要になります。

時間がかかる勉強法ですが、中学の数学をマスターするには中学1年からしっかりと復習するのが着実な方法です

ここまでは、誰もが考える方法です。
もちろん間違っていません。

しかし、実行する中学生の気持ちになって下さい。数学だけでも無味乾燥な教科書を我慢して何回も読むのです。英語だって同じです。
「朝から晩まで勉強かよ!」と言いたくもなります。

あれやれ、これやれというのは簡単ですが、やるのは大変なんです。
もしあなたが、そう思うのなら、この教材をオススメします。

重要部分に焦点を合わせた教材です。
いってみれば、「サプリメント」です。しかも強力サプリメントです。

もっと数学の成績を上げたいなら、これがオススメ。

「卑怯な授業」不合格にならない数学の裏技

絶対に合格するために!

合格と不合格の差・・

それは本番に出来たかどうかだ。

験というのは、その日の結果を見るものあなたのお子様が、これまで、どんなに成績がよくても、本番に出来なかったら不合格、

逆に今までどんなに出来なくても、本番だけ出来れば、それを合格と呼びます。

どうすれば本番で得点できるか!

 

大阪進学塾の詳細はこちらをご覧下さい。