中間試験、頑張りました!
中間試験

大阪進学塾 塾生の皆さん
   よく頑張りました

今回の中間試験では、塾生の皆さん、よく頑張りました。
大阪進学塾では、
「一歩ずつ、着実に進もう」
       をモットーに指導しています。

「無理せず、怠らず!」の気持ちで学習すれば、
このくらいは成績が上がります。

今回も、新入塾生が大きく成績を上げました。

入塾から、これだけ成績が上がりました

★4月1日入塾 → 中間試験まで50日間
5教科:
320点 → 387点

(A.T君)

★10月1日入塾時
中間試験 280点

    →   371点
            (T.H君)

★2018年5月1日入塾時
324点   →  442点
                (H.K君)

この程度なら、やり方次第で、誰でも簡単にアップします。

塾を選ぶときの参考にして下さい

成績が上がる塾 上がらない塾 判断の仕方

お子様を塾に通わせようと思ったとき、
どのような塾が成績が上がるのか、
なかなか判断できないのではないでしょうか。

「大きな塾なら成績が上がるだろう」
「ハイレベルの高校にたくさん合格させてる塾が良いのかも・・」

など色々お考えでしょう。

誰でも簡単に判断できる3つの基準です。
お役に立つと思います。

第1に、塾の指導レベルがお子様の実力とバランスがとれていること。
※ これは当然のことです。

第2に、授業中、塾生が私語をしている塾は、ダメです。
※ 体験学習をさせてもらえば、よく分かります。
外から見える教室が「静かな授業」だからといって、見えないクラスも静かとは限りません。
注意が必要です。
大切なのは、一歩奥に入ったクラスです。
大手塾でも「基礎レベルの教室は騒々しい」場合があります。

第3に、指導者が「教え慣れているか」
※ 教えてる人が
「自分の言葉で教え」、
その時その時の状況で「自由自在に例え話を出しているか」が
判断基準になります。

なお、パソコンで教えるのも、「知識の詰め込み」という点では、悪くありません。
しかし、学習ポイント毎に指導者が「質問をしたり」「解説をしたり」「一緒に考えたり」しなければ「柔軟な思考力養成」はできません。「それができる指導者を揃えているか」がチェックポイントになります。