大阪進学塾 令和3年 募集要項

指導理念

    大阪進学塾 塾長 森 茂樹

現在コロナの真っ最中です。すでに経済のシステム、働き方、授業の方法、その他あらゆることが急速に変わりつつあります。

おそらくコロナが終息したら、その変化は一気に加速するでしょう

このような変化は過去にもありました。

かつてヨーロッパでペストが流行した時、大きな社会変化が起こっています。
ペストの流行により長かった中世が終了し、一気に近代化が始まりました。

この近代化への変化の中で、弱い立場の人達が切り捨てられ、より厳しい状況に追い込まれました。


社会変化はパンデミック以外にも起こります。
第二次世界大戦後の日本がその例です。戦後、日本社会は経済的にも、政治的にも、あらゆることが大きく変わりました。そして、この時も弱いものにしわ寄せが来ました。

今回のコロナでは?

今回のコロナも、すでに私たちに経済的格差の拡大をもたらしています。
実力のないものは、とことん底辺に沈むような仕組みになっています。
学力格差も一気に進む気配です。

正確には、コロナ以前から「経済的格差や学力格差を生み出す下地」が出来つつありました。
それがコロナで一気に加速し表面化し始めています。
コロナ後は一層加速するでしょう。

今ここで「そういう社会は良くない!」と叫んでみても、何の効果もありません。

今、私たちに出来る事は

「自分自身が、どんな状況でも生きていける”たくましい能力”をつけること」です。

色々と方法はあるでしょう。

たくましく生きる力をつけるには?


私は、
勉強を通じて

★「知識を身に付けること」

★「先を見通す洞察力を身に付けること」

★「どんな困難にも打ち勝つ強い精神力をつけること」

が鍵だと考えています。

勉強するのは、この3つを同時に養う非常に有効な方法です。

これからは肉体労働が活躍する場はなくなってきます。
また今まで一応「頭脳労働」と言われていても「それほど考えなくてもできる作業」だったものは、全部 AI がやってしまうでしょう。

結局のところ、今後は「本当の頭の勝負」になるわけです。
上の3つの能力は、今後の生活していく上で、最大の「武器」になります。

10代に勉強する理由

これは人それぞれだと言うことを最初に言っておきます。
その上で敢えて言います。

今、勉強する理由


10代のこの時期に勉強に打ち込むことは、

今後「自分に降りかかる大きな波を乗り切る実力をつける」ための間違いのない選択だ。

 

私は、

「塾生にはこれから80年・90年、イキイキした生活を送ってほしい。

私がそのための土台作りに、少しでも役に立ちたい」

と考えています

**********   大 阪 進 学 塾    ***************
***令和3年 新規塾生募集*****

長年、塾の現場で指導してきて、お母様方からたくさんの相談を受けてきました。
その中でも特に多かったのが、次の5つです。

お母様からの相談ベスト6


★うちの子は、それなりに勉強しているようです。しかし、なかなか成績が上がりません。

★うちの子は、わからないところがあっても、放置しているみたいなんです。

★どうも、自分の実力に自信が持てないみたいなんです。

★付け焼き刃でもいいから、すぐに成績を上げてほしい。そうすれば、なんとか「やる気」につながるかもしれません。

★家ではゲームばかりしています。宿題があれば、少しは勉強すると思います。

★「寝屋川高校に行きたい」と本人は思っているようです。でも、何をしたら良いのかわかっていないようです。
「勉強すれば良い」ということは頭ではわかっているようですが・・・

この6つは、どれも解決・実現できます。

もちろん、項目によっては、実現するまでに時間がかかるものもあります。
例えば、「付け焼き刃でもいいから成績を上げたい」というのは、試験前10日もあれば十分です。
「自分の実力に自信を持つ」のは、少なくとも半年は必要でしょう。
しかし、いずれも実現可能なことは、間違いありません。

なぜ「大阪進学塾なら実現可能」と言い切れるのでしょうか。

1,大阪進学塾の主宰者である私が、小学校・中学校の学習内容について知り尽くしているからです。

私は、塾の現場に30年以上立っています。その間、様々な生徒に接してきました。色々な相談を受けてきました。
小学生から大学受験生まで指導してきた経験を結集して、今、塾生を指導しています。

この経験の中で、私なりの指導ノウハウをたくさん開発してきました。
わかりにくい箇所でも、たった1つのポイントを押さえるだけで、知識がサッと整理されることが結構あります。
そういうことは、私が長年の経験の中から身につけたものです。いわば「部外秘!」です。
この「部外秘」をフルに使って指導しています。

なお、個別指導はあまりオススメできません。
理由は、講師の「教える力」があまりにも貧弱だからです。
学生バイトですから、教える力を期待する方が間違っています。「自分が解ける」のと「考え方を伝達する」のとは別物です。(自分で解けるのは当然ですが・・・)。

中には、自分が解けないのでパソコンに頼っている塾長もいますけど(笑)。
塾生に質問されたら どうするんでしょうねぇ。

2,大阪進学塾では、一クラスの定員を4名に限定しています。

4名を私のすぐ近くにおいて、教えています。
当然一人一人に目が行き届きます。A君がわからない根本原因、B君がどこで困っているかなど、手に取るようにわかります。
しかも、塾長である私自身が全科目指導しているので、各科目ともバランス良く成績を伸ばすことができます。

一クラス4人限定で、この値段なのは、
自宅で授業を行っているため、家賃がかからないためです。
さらに、私自身が教えるので、高い講師料がかからないのです。

少し「塾裏話」的になりますが、
個別指導であれ、パソコンを使った指導であれ、
家賃、高い講師料、パソコンリース料が重くのしかかってきます。
どうしても授業料が高くなります。

もし安いとしたら、講師料がきわめて安い「その程度の講師料に見合った指導力しかない」学生バイト講師なのでしょう。

3,クラスの「勉強する雰囲気」を、私が責任を持って維持しています。

またも”塾裏話”みたいになります。少し暴露します。

大手塾であっても、個別塾であっても、塾によっては、騒々しい塾もあります。
「大量に広告している大手進学塾なら どの塾生もみんな やる気を持って勉強している」と勘違いしている人が多いです。

その塾の広告塔(トップレベルのクラス)なら、やる気溢れるクラスでしょう。
塾は全力でそのクラスにエネルギーを集中します。
たとえば、広告塔クラスには、「高い講師料を払っている優秀な講師」を担当させます。

しかし、中位以下の成績のクラスならどうでしょうか。
そのクラスは、塾の広告には載りません。

トップクラスと2番手クラスとでは、塾の力の入れ方が全然違います。
大手塾は、広告塔競争が経営を決定づけますから、当然と言えば当然の結果です。
会社である限り、そうせざるを得ないのです。
負ければ、一気に衰退に向かうのですから。

大手塾といえども、授業中に私語雑談が多いクラスが たくさんあります。
外部からはわかりません。

個別塾でも、勉強しないでダラダラしてる生徒もいます。
基本的に個別塾は成績がどうにもならない生徒が多いです。
「集団塾に通ってたけれども、ついていけなかった。やる気もなくしてる」だから「個別なら何とかしてくれる」と考えているのかも知れません。

大阪進学塾では、「だらだらした勉強」は許していません。
だらだらする気にならない指導を工夫しています。

塾生の皆さんは「えっ? もう終わり? 時間がむっちゃ速い」と、よく言います。
これは、私にとっては、すごく嬉しい言葉です。

そういうことなので、他の塾生の学習を邪魔する人には、塾に来るのを御遠慮願っています。
活き活きと勉強する塾生を守るためです。

現在の成績に関係なく、勉強に向けて具体的に行動している人が最も大切にされる塾です。

ちょっと頑張ってみようかなと思っている人には、最高の塾だと思います。

4,大阪進学塾では、宿題を出したら しっかりフォローします。

宿題をやって来なくても、その塾生をそのまま放置している塾もあります。
私は、この部分は、「単に宿題をやって来なかった」という以上に大切な問題だと思っています。

4人定員制にして、やるべきことはしっかりとやるように指導しています。
宿題しないでも「逃げ得できる」という経験をして欲しくないのです。

「やるべきことは絶対にやる」という自分に対して厳しい心を養って欲しいのです。
そういう価値観を持っている人なら、寝屋川高校以上に合格できます。

このような価値観を持つことは、点数が10点・20点上がったということより、ずっとずっと大切なことだと考えています。

5,「寝屋川高校に合格したい」という夢を叶えるための授業レベルです。

小学生も「寝屋川高校に進学したいなぁ」という人に合わせて教えています。
成績が上がってきて、四條畷に進学したいと思うようになれば、それに合ったレベルに引き上げます。

授業では、基本事項を充実させるのは当然ですが、それだけにとどまってはいません。

また、必要かつ重要知識なら、学年に関係なくどんどん教えています。

例えば、
2年生でも、「分詞の形容詞的用法」とか「関係代名詞」も教えています。
英検3級に合格したいなら、絶対に必要な知識ですから。

実際に学校で習うときには「あれっ、これ、今頃 習うことなの?」と思うようです。

このように、入試に向けて早いうちから、塾生が気がつかないうちに、少しずつ入試対策をしています。

大阪進学塾 募集要項

【費用】

小学5・6年生  英語・算数
60分 週3回    月額 15000円

中学1・2年生  英語・数学・理科
100分 週3回   月額 25000円

高校受験生   英語・数学・理科・社会・国語
100分 週4回  月額28000円

入塾金 15000円

※兄弟姉妹が塾に在籍・卒業している場合は、必要ありません。
※兄弟姉妹が塾に在籍している場合には、弟・妹については授業料は半額になります。

詳しくは、お電話でお問い合わせ下さい。
お待ちしております

 大 阪 進 学 塾
  若葉町35-1
(ABC公園から南へ歩いて2分)
 072-838-2385