大阪進学塾の指導理念

今更ですが、
大阪進学塾の指導理念

    大阪進学塾 塾長 森 茂樹

 

激動の時代を、たくましく生き抜く力をつけるために!

現在コロナの真っ最中です。すでに経済のシステム、働き方、授業の方法、その他あらゆることが急速に変わりつつあります。

おそらくコロナが終息したら、その変化は一気に加速するでしょう

 

 

このような変化は過去にもありました。

かつてヨーロッパでペストが流行した時、大きな社会変化が起こっています。
ペストの流行により長かった中世が終了し、一気に近代化が始まりました。

この近代化への変化の中で、弱い立場の人達が切り捨てられ、より厳しい状況に追い込まれました。


社会変化はパンデミック以外にも起こります。
第二次世界大戦後の日本がその例です。戦後、日本社会は経済的にも、政治的にも、あらゆることが大きく変わりました。そして、この時も弱いものにしわ寄せが来ました。

今回のコロナでは?

今回のコロナも、すでに私たちに経済的格差の拡大をもたらしています。
実力のないものは、とことん底辺に沈むような仕組みになっています。
学力格差も一気に進む気配です。

正確には、コロナ以前から「経済的格差や学力格差を生み出す下地」が出来つつありました。
それがコロナで一気に加速し表面化し始めています。
コロナ後は一層加速するでしょう。

今ここで「そういう社会は良くない!」と叫んでみても、何の効果もありません。

今、私たちに出来る事は

「自分自身が、どんな状況でも生きていける”たくましい能力”をつけること」です。

色々と方法はあるでしょう。

たくましく生きる力をつけるには?


私は、
勉強を通じて

★「知識を身に付けること」

★「先を見通す洞察力を身に付けること」

★「どんな困難にも打ち勝つ強い精神力をつけること」

が鍵だと考えています。

勉強するのは、この3つを同時に養う非常に有効な方法です。

これからは肉体労働が活躍する場はなくなってきます。
また今まで一応「頭脳労働」と言われていても「それほど考えなくてもできる作業」だったものは、全部 AI がやってしまうでしょう。

結局のところ、今後は「本当の頭の勝負」になるわけです。
上の3つの能力は、今後の生活していく上で、最大の「武器」になります。

10代に勉強する理由

これは人それぞれだと言うことを最初に言っておきます。
その上で敢えて言います。

今、勉強する理由


10代のこの時期に勉強に打ち込むことは、

今後「自分に降りかかる大きな波を乗り切る実力をつける」ための間違いのない選択だ。

 

私は、

「塾生にはこれから80年・90年、イキイキした生活を送ってほしい。

私がそのための土台作りに、少しでも役に立ちたい」

そのための大阪進学塾だ!

このように 考えています。

 
大阪進学塾 公式サイト