文章問題が苦手な人のために
「文字を使った文章」「文字の入った図形」「文字の入ったグラフ」などを自由に式に変換できれば、その後の数学の勉強は随分と楽になります。

じゃぁ、その「変換」とやらは、難しいのかと言えば、全然難しくありません。
「変換」できるようになるために、

最初は、解説をよく聞いて、十分に納得して下さい。

この動画は、そのための十分な力になってくれると思います。

それから、割と簡単な問題を使って、自分の力で解いてみて下さい。

20問から30問ほど練習すれば、一応のことはできるようになります。

100問もすれば、ピカピカに輝きます。
その頃には、数学は完全に得意科目になっているでしょう。

文字式(速さ)

文字を2つ以上使った問題は、2年生でするのですが、1年生でも十分に理解できます。

文章を式に変換できないという人が多いです。小学校の時に算数が苦手だったら、そうなりますね。
しかし、全然心配いらないです。
20問ほど

「丁寧に」

「たっぷり時間を使って」

必ず「図を書いて」考えて下さい。

そうすれば、「もしかしたら、私、文章問題って、得意かも・・・」と思えるようになります。

 

規則性(1)

 

規則性(2)

 これも小学校の問題です。文字を使っているところが中学内容になっただけ。
とはいえ、こういう「植木算」的な考え方は、いつものこと。
それができないのなら、「勉強不足!」と言われてもしかたがない。

 

【中1の内容がわかっていない人には、このDVDが一番!】

私が、このDVDを推す理由


数学は積み重ねの学問です。
1年生の内容がわかっていなければ、2年のことをどんなに勉強しても、さっぱりわからないでしょう。

早い話、方程式が解けなければ、一次関数が解けるはずがありません。

それなら、「今、2年だけど、1年の内容がわかっていない」という人は、どうしようもないのでしょうか。

「もう一度教科書をしっかりとやり直しなさい」という指導者もいます。正論です。
でも、数学の教科書を自分でやり直せますか?
それができるなら、今の状態になっていません!
正論だけど、現実的ではないのです。まぁ、やり通せる人は100人に一人いるかいないかでしょうね。


塾に通いながらなら、いいかもしれませんね。
でも、それをやってくれる塾は非常に少ないです。
塾だって新しい分野に進まないといけませんから。

個別授業なら・・・?
なるほどねぇ。少ない授業数に高いお金をかけますか。
しかも、教えてくれる人は学生で、教えることに関しては素人です。色々な解き方の「裏技」などほとんど知らないでしょう。解法テクニックの威力は凄いです。テクニックを知らない人に教えてもらうのは、どうなんでしょうか。
さらに、復習だけに時間を使っていたのでは、今習っていることがわからなくなります。「じゃぁ、復習の授業と、今の授業と二つ取る」ですか・・・。まぁ、塾側は喜ぶかも知れませんが、お子様は「え~」なんて言いますよ。家計にも相当響きます。

私も30年以上、塾で教えている関係で、このようなDVDをたくさん集めています。この種のDVDには、ピンからキリまであります。

この速習シリーズのDVDは、実に良くできています。
キラキラしたわざとらしい編集はされていませんが、そんなものは必要ありません。内容がすべてです。内容が素晴らしい!

ただし、「お菓子でも食べながら、一回ボンヤリ眺める」ような取り組み方では「良くできたこのDVDが泣く」というものです。

繰り返し、しっかり見て下さい。私は、「計算用紙とペンを持ちながら見る」ことをオススメします。

なお、7回目を超えたら、高速再生するといいでしょう。

中1速習シリーズ・数学