相似(平行線と比例)

*****************
平行線と比例1

この両パターンとも自由自在に解けるようにしておこう。

定期テストにも入試にも、当然のようにこの処理の仕方が使われます。

これを使いこなせないなら、「テスト対策、全然しなかったの?」と言われます

*****************
平行線と比例2

数字の計算の場合には、長さの計算をするときには、「辺の長さ」を使って計算します。

だからつい「相似比は高さについても当てはまる」いう当然のことを忘れてる人もいます。

チラッと頭の隅にでも入れておいてほしいです

*****************
平行線と比例3

「平行関係を使って、ある辺の比を他の辺の比に移動して、さらに別の平行関係を使って、元の辺の比に移していく」

この問題では、反射させるように辺の比を動かしているね

*****************
平行線と比例4

平行四辺形と相似は、よくなじむよ。

この問題のように、書き足す必要がないのなら、簡単な問題になります

メネラウスの定理を使えるなら、平行四辺形絡みの問題はグンと楽になります

*****************
平行線と比例5

(2)は「調和平均」と呼ばれています。

知っておくとテストで超便利!

ある程度の成績を取ってる人なら、「常識じゃん」って言います。

*****************
平行線と比例6

調和平均を使ってみよう。

問題を20問ほど解けば、図の中に調和平均を見つけることができるでしょう。

*****************
平行線と比例7

加重平均の公式です。

調和平均ほどには出題されません。

しかし余力があれば知っておいた方がいい。

数学はちょっぴりだけど自信あるって言う人はここまで知っておくと良いでしょう

*****************
平行線と比例8

コメント

*****************
平行線と比例9

コメント

*****************
タイトル

動画
コメント

*****************
タイトル

動画
コメント

*****************
タイトル

動画
コメント

*****************
タイトル

動画
コメント

*****************
タイトル

動画
コメント

*****************
タイトル

動画
コメント

*****************
タイトル

動画
コメント