2次方程式の利用|関数

*****************
関数がらみ1

「求める点PのX座標をtとおいて」

ここからスタートして、「各点の座標をtであらわす」

長さをtを使って表すこともあるね。

そして、問題の指示・図形の性質などから「方程式を作り上げる。」

まぁ、大体こういう筋書きだ。

 

「このタイプが苦手だ!」という人からよくよく話を聞くと、

「一次関数そのものがわかっていない」ってことがよくある。

 

一次関数がわかってなければ、

そりゃ、解けないよね。

*****************
関数がらみ2

「kがいっぱい出てくる。文字だらけになったら、解ける気がしない」

数学が苦手な人は、すぐに、そう言うんだ。

でもね、文字も数字も考え方は同じだよ。

それに、嬉しいことに、
この種の問題は「解き方は、ワンパターン」だ。

ちょっと問題数をこなせば、すぐに慣れちゃう。

*****************
関数がらみ3

「はい、ハイ、また出てきましたね」と言いたくなる問題だ。

どの問題集にも載ってる良い問題です。
定期試験で、出題したくなります。

でも、平均点がガタッと下がります。
出題者は、ちょっと躊躇しますねぇ。

そんなに難しいのって?

いやいや、簡単なんだけど難しそうに見えるだけ。

見た目にびびっちゃって、中学生諸君が、試験対策としてすら、これを解いてみようとしない。

試験に出たら、

「やっぱり出たか。解いてけばよかった」と、思うわけです。

*****************
関数がらみ4

「点Pが動く」なんて、目くらましをしていますね。

君も目がくらんでしまったかな?