大阪過去問2018
構造分析テクニックが必要な理由

 

長文問題を解くには、2通りの読み方が必要です。

一つは、単語力と熟語力にものを言わせて、グイグイ読んでいく方法です。

これは、問題文の大まか意味を取るためのものです。

難しさはありません。

どれだけ単語と熟語を知ってるかで勝負が決まります。

この動画では、この場面の話ではありません。

 

2つめは、文章の構造を正確に分析して、正確な意味を把握する方法です。

勝負はここで決まります。

つまり、設問に答えるためには、微妙なところを正確に理解しないといけません。

そのためには、「ま、大体こんな意味だろう」では、間違いに誘導されます。

設問関連部分の前後数行を分析的に読まねばなりません。

そのためには「分析技術」が必要です。

その分析技術をこれから説明しようとしています。

このテクニックは、高校に入っても、また大学入試でも大いに役に立ちます。

*****************
過去問(1)

2018年、B問題の長文本文から複雑な文を抜粋して分析しています。
分析するのに必要な範囲で解説しています。

*****************
過去問(2)

コメント

*****************
大阪過去問(3)

コメント

*****************
大阪過去問(4)タイトル

コメント

*****************
大阪過去問(5)

コメント

*****************
タイトル

動画
コメント